2019年8月10日土曜日

まちのデザイン部 とうきびワゴンプロジェクト

まちのデザイン部 とうきびワゴンプロジェクト

本日はまちのデザイン部のようすについて、ご紹介します。
まちのデザイン部は、現在、部員全体で20名前後。
駅前通りで働いている人、たまたまチラシを見つけて気になった人、デザインが好きな人などいろいろなバックグラウンドの方が参加しています。

そして、いまみんなで取り組んでいるのが、大通公園にあるとうきびワゴンの新しいデザインをみんなで考えるというもの。実際に現地を視察したり、会議を重ねながら、どんなデザインだと景観になじむか、あるいは目立つかなどを考えています。



実際に働いている人にも聞き取りをしています。
お店で売る人の苦労や、ワゴン自体の機能性なども考慮します。



また、実際のとうきびを部員で食べたりもしました。





そして、会場となるテラス計画では、月1回のミーティングを重ねて、
デザインの図を考えたり、こんなだったらいい、こういうものがほしいという
アイデアを出し合います。



こんなサインもあったら良いね、という話も。

先日8月8日のまちのデザイン部では、ついに実際のデザイン案がいくつかにまとまるところまできました!!

今年になるか、来年になるかわかりませんが、最終的には、大通公園でお披露目をする予定です。今後の進捗、完成をぜひ楽しみにお待ちください!!