2018年11月3日土曜日

11/11(日)ウイマム・アーティスト・イン・レジデンス連携企画トーク・セッション 「フィールドワークとレジデンス」


レジデンスの事例を通してを考える〈AIRケーススタディ・シリーズ〉第4回目として、「フィールドワークとレジデンス」トークセッションがテラス計画にて開催されます!

---------------------
今年から白老を舞台に、新たに始動するウイマム文化芸術プロジェクトの一環として、フィールドワークを中心としたアーティストによる滞在制作(アーティスト・イン・レジデンス)が実施されました。参加アーティストの森永泰弘と曽我英子(※)、そして、北東アジアを中心に研究を行う社会文化人類学者のエド・プルフォード氏を迎え、アーティストによるフィールドワークとはどのようなものなのか、それぞれのフィールドにおける活動紹介とディスカッションを行います。

アーティスト・イン・レジデンスとは、一般的に、アーティストが通常の生活拠点から離れ、別の場に一定期間身を置き制作することを言いますが、それは文化人類学者が研究対象の土地に滞在し、その土地や人との関わりを築きながら行うフィールドワークと多くの共通点を持つのではないでしょうか。ウイマム ・アーティスト・イン・レジデンスを事例に、いくつかのキーワードを通して、フィールドワークとレジデンスのあり方を考えます。お誘い合わせの上、お越しください。
---------------------

 [日時] 11月11日(日) 開場>18:00  開始>18:15〜
[会場] 眺望ギャラリー テラス計画(北2条西4丁目1 赤れんがテラス内5F) https://www.terracekeikaku.com
参加無料

[ゲストスピーカー]
森永泰弘(サウンド・アーティスト)
エド・プルフォード(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター研究員)
+曽我英子(アーティスト)※スカイプ参加


[ゲストスピーカー・プロフィール]
森永泰弘 | Tasuhiro Morinaga
東京藝術大学大学院を経て渡仏。帰国後は芸術人類学的な視座から世界各地をフィールドワークし、楽器や歌の初源、儀礼や祭祀のサウンドスケープ、都市や集落の環境音をフィールドレコーディングして音源や作品を発表している。また映画や舞台芸術での音楽や音響のディレクションも数多く担当しており、ジャンル横断的に様々なアーティストとコラボレーションをおこなっている。近年はアジアのゴング文化に興味を持ち記録活動をおこなっている。
http://www.the-concrete.org
https://ototoy.jp/feature/20131114

エド・プルフォード | Ed Pulford
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターを拠点に研究を行う社会文化人類学者。中国、ロシア、朝鮮の世界が交わる様々な人たちや少数民族、そして北東アジアの原住民の関係性に焦点を当てた研究を行う。2017年英ケンブリッジ大学院で博士課程修了。著書に、旅行記そして歴史書である『Mirrorlands: Russia, China and Journeys in Between』がある。

曽我英子 | Eiko Soga
ロンドン大学スレードスクール彫刻学科卒業後、北海道でフィールドワークを行うようになる。2016年に滞在した二風谷では、アイヌの着物「チカラカラペ」や鮭靴「チェプケリ」作りを習い、ものづくりを通して、その土地の風景や歴史と人々の営みを実際に生活しながら学んだ。フィールドワークから得た知識や、出会う人々との記憶を辿りながら制作を行い、それらを、映像、テキスト、インスタレーション作品として発表している。アートの視点から、社会環境から感じる違和感をどう理解し「問う」ことが可能であるかを探求しながら活動を続ける。現在オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート博士課程在学中。
https://www.huffingtonpost.jp/sogaeiko/15years-oxford_a_23468992/
http://www.eikosoga.com

---------------------
[連携団体]
ウイマム文化芸術プロジェクト
2018年度より、北海道白老町・胆振圏の地域資源、人々の暮らしや営み、土地の文化を活かしたプロジェクト(文化事業)を展開。「地域、アート、多文化共生・多様性」をキーワードに、未来のシラオイを共に考え、協働する場の創出を目指す。

[AIRケーススタディー]ウイマム・アーティスト・イン・レジデンス連携企画トークセッション
「フィールドワークとレジデンス」
主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成 文化庁 平成30年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
協力 ウイマム文化芸術プロジェクト 札幌駅前通まちづくり株式会社

[お問い合わせ]
特定非営利活動法人S-AIR
060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26-28 なえぼのアートスタジオ内2F
011-299-1883
info@s-air.org | s-air.org

さっぽろアートステージにて「出張Think School」開催!!

アートやまちづくりを学ぶ[シンクスクール]が、アートステージのチ・カ・ホ会場へ出張します。「出張シンクスクール」では、卒業生・現役生の見たい!聞きたい!聞いてほしい!という思いから、普段は教室の中で行われているアートやまちづくりを知ることができる「シンクスクール公開講座」と、「シンクスクール2018年度制作コース選抜作品展」を開催します。アートやまちづくりに興味・関心のある方はぜひご参加ください!

>>お申し込みはこちらから!

























<シンクスクール公開講座>
アートの入口編「はじめまして、現代アート」
講師|筧 菜奈子(美術・装飾史研究者)
日時|11月11日(日)14:00〜|チ・カ・ホ 北2条広場(西)
講師プロフィール

筧 菜奈子|1986年千葉生まれ。京都大学大学院博士(人間・環境学)。美術史研究者。専門は20世紀美術史、装飾史。研究と並行して、イラストなどの制作も手がける。著書に『めくるめく現代アート』(フィルムアート社、2016年)。現在、岡山大学、関西大学、京都精華大学ほか非常勤講師。日本学術振興会特別研究員。

まちづくりの入口編「まちのひとと作り育てる、まちの居場所」
講師|飯石 藍(株式会社nest取締役/公共R不動産コーディネーター)
日時|11月23日(金・祝)14:00〜|チ・カ・ホ 北2条広場(西)
講師プロフィール
飯石 藍|遊休化した公共施設・公共空間の活用・マッチングを進めるためのメディア“公共R不動産”に立ち上げから参画し、現在はメディアの運営だけでなく自治体からの公共空間活用に関する相談・企画・コーディネートも実施。全国各地のまちで公共空間活用に関するプロジェクトに伴走者として携わりながら、地元豊島区の公園“南池袋公園・グリーン大通り”の企画・事業推進など、街のプレーヤーを巻き込んだまちづくり会社"nest"の取締役として実践している。

<シンクスクール2018年度制作コース選抜作品展>
10月20日から開催するThink School 2018年度の制作コース前期展の中から作品を選抜し、「アートの入口」に立ったばかりの受講生たちの作品を展示します。
日時|2018年11月10日(土)〜25日(日)|チ・カ・ホ北2条広場(東)
●主催|さっぽろアートステージ実行委員会
●企画|シンクスクール(主催|札幌駅前通まちづくり株式会社)
●公開講座申し込み先|https://www.thinkschool.info/











2018年10月27日土曜日

次回テラス部は 11/16(金)です!

部員は随時募集中のテラス部、次回は11/16(金)です!
12月に開催予定のイベントに向けてのミーティングですよ〜

■テラス部とは?
定期的に集まって、テラス計画を使って楽しいことを考えていく部活動です。テラス計画を使って出来ること、テラス計画を居場所にする方法などを考えます。部員たちでミーティングし、テラス計画を使いたおすアイデアを考え、実践していきます。

■部活は誰でも参加できます!
1ヶ月に1度あつまり、テラス計画の新しい使い道を考えるテラス部の部員を募集します。大人から子供まで誰でも参加できます!年齢、経験など不問。

■顧問はこの人!
酒井秀治(まちづくりプランナー)
1975年札幌生まれ。北海道大学工学研究科を修了後、2000年より東京のまちづくりコンサルタントにて主に密集住宅地の再生に従事。2007年夏より(株)ノーザンクロスにて都心部の再開発や広場づくり、リノベーションによるサロン、カフェ企画のコーディネートを通じて、まちなかの再生・賑わいづくりに取り組む。2010年4月、「サッポロ・ミツバチ・プロジェクト」を設立、理事長を務める。一級建築士。
日時|11月16日(金)18:00〜
料金|無料
顧問|酒井秀治
場所|札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階  
申し込み・お問い合わせ
ご参加される方のお名前、ご連絡先を明記のうえお申し込みください。(※当日飛び入り参加もOKです!)
メール|terracekeikaku@gmail.com
電 話|011-211-4366

今後のスケジュールはテラス計画FB、ブログでお知らせします。

2018年10月7日日曜日

ハタラク計画、始まります。ライフシフト読書会 10/31、11/21 でスタート!


ビジネスパーソン向けの企画、「ハタラク計画」が始まりますよ!

第一弾は話題の本「ライフ・シフト」から自分の生き方や働き方を考える読書会です。タイトルを聞いたことがある方もいるかもしれませんが、400ページというボリュームを一人で読みきるのもなかなか大変…。そこで、講師の方をお招きし、解説をしていただきます。

みんなで一緒に考え、話し合う中であなたの仕事と人生を好転させる知恵を学んでみませんか?

本を読んでいなくても参加可能です。
お申し込みはメールかお電話でお待ちしておりますー!


〜これからの人生を考える〜ハタラク計画シリーズvol.1 & 2
ライフ・シフト読書会

日時  |平成30年10月31日(水)18:30〜20:30 [第1〜4章|1〜168ページ]
     平成30年11月21日(水)18:30〜20:30 [第5〜終章|169〜399ページ]
     ※10/31は満員となりました!
会場  |眺望ギャラリーテラス計画
     〒060-0002 札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんがテラス5階
     テラス計画HPはこちらから!
参加費 |1,500円(ワンドリンク付き)
定員  |各回先着15名程度
主催  |テラス計画(札幌駅前通まちづくり株式会社)
懇親会 |終了後、赤れんがテラス3階の赤れんが横丁にて懇親会を予定しています。
     ご希望の方はぜひご一緒しましょう!
申し込み|メール (  terracekeikaku★gmail.com )←★を@に変えてください。
     電話 (011-211-4366 )
     お名前、参加を希望される回、連絡先を教えてください。

----------
講師|藤本研一(ふじもと・けんいち)
キャリアアップ文章アドバイザー。札幌駅前 作文教室ゆう 代表。早稲田大学教育学部・早稲田大学大学院を修了後、札幌・帯広にて高校教員として勤務。現在は「札幌駅前 作文教室ゆう」代表として社会人にキャリアアップのための文章の書き方を伝えている。札幌商工会議所主催の企業研修や道内市町村職員研修など、年間120回を超える講座を開催している。
----------


2018年10月6日土曜日

10月20日(土)THINK SUPER MARKET 開催!

THINK SUPER MARKET
Think School 2018|企画コース制作コース|前期課題発表会ー

制作コース公開講評会 |10/20(土)13:0015:00今年で開講3年目となるアートとまちづくりを学べるThink School。現在「制作コース2期生」は、生徒それぞれが前期展にむけて作品制作を、「企画コース3期生」は、4つのグループに分かれて、札幌駅前通で実施するプロジェクトを考える前期課題に取り組んでいます。この度、前期課題を発表する「制作コース前期展」と「企画コース公開プレゼンテーション」を行います。講評会とプレゼンは審査員をお招きして、講評していただきます。半年間の試行錯誤とチャレンジを皆様、是非ご高覧ください。
[制作コース]荒木謙吾、岩城央子、岩﨑麗奈、川原里奈、小里純子、田岸伸一郎、玉置雄大、内藤真実、成瀬優里奈、ぴゅーてぃ〜、楓月まなみ、山﨑愛彦、鷲尾幸輝、和島ひかり
[企画コース]荒井純一、梅津一美、小川史洋、加藤ちろる、金子亮、川内喬太
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社|011-211-6406www.thinkschool.info

企画コース公開プレゼン|10/20(土)15:3017:30
オープニングパーティ |10/20(土)18:0020:00
制作コース前期展|10/20(土)、21(日)、27(土)12:0020:00
会場|なえぼのアートスタジオ|札幌市中央区北2条東15丁目26-28


[講評者]川上大雅(札幌北商標法律事務所/salon cojica代表)、端聡(美術家/アートディレクター)、宮井和美(モエレ沼公園学芸員)
篠原ゆかり、鈴木大介、高橋有里、髙橋由珠、高松希、常松剛、馬場あさひ、濱田智紀、槙亜侑美、松尾澪、三上智史、和島ひかり
[講評者]酒井秀治(まちづくりプランナー)、白鳥健志(札幌駅前通まちづくり株式会社)、細川麻沙美(札幌国際芸術祭事務局マネージャー)、三橋純予(北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 教授)

Think School制作コース1期生優秀賞個展 石山ひなの「身と回り」開催中!


この度テラス計画では、アートとまちづくりの人材育成を目的とした「Think School」の制作コース卒業展で、優秀賞を受賞した石山ひなの個展 「身と回り」を開催いたします。石山の作品は映像、オブジェ、パフォーマンス、写真、既製品など身近な素材を用いて既存の価値観をユーモラスに転倒させる制作を行ってきました。今展ではテラス計画から眺望できる北海道庁庁舎の奥に見える「山」をモチーフに、人と人、人と物の間にある距離感や関係性にまつわる作品を展示します。石山ひなの初個展を是非、ご高覧ください。

Think School制作コース1期生優秀賞個展 石山ひなの「身と回り」
会期|2018105日(金)〜21日(日)11:0020:00
会場|眺望ギャラリーテラス計画 テラス計画HPはこちらから!
住所|札幌市中央区北2条西4丁目赤れんが テラス5F
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社

クロージングパーティ&大縄とび
1021日(日)13:0015:00  18:0020:00
最終日に大縄とびを行います。簡単なお飲み物もご用意しますので、お気軽にご参加ください。