2018年5月12日土曜日

5/13 から「春のヘキガケイカク」開催!




「春のヘキガケイカク」
513日(日)~610日(日)
               



今回で4回目の開催となる人気企画「ヘキガケイカク」。

テラス計画に訪れる方々へ、気軽に表現にふれる機会として、親しみやすく楽しくなるような参加型の展示を開催します。

今回の開催は季節が「春」ということで、春の訪れの幸福感をあらわす「ピンク色」の画材をつかってテラス計画の壁を彩ります。

ぜひ、ご参加ください。




<開催概要>
会期|2018513日(日)~610日(日) 
時間|11:0020:00
会場|眺望ギャラリー[テラス計画]
住所|札幌市中央区北2条西4丁目赤れんがテラス5
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社
共同企画|一般社団法人PROJECTA

2018年5月5日土曜日

5/9(日)〜 『Installation art』の読書会を始めます!



テラス計画にて、美術史家クレア・ビショップの『Installation Art』(2005)の読書会をはじめます!
インスタレーション・アートにおける観者とはだれか?作品の内部で観者がおこなう参加とは、そして作品が提供する「経験」とはどんな種類のものなのか?ビショップは、インスタレーション作品における観者の体験をこの本のなかで4つに分類し、論じていきます。
英語の本ですが、こちらで用意する単語訳をてがかりに、内容について思ったこと考えたことを参加者で話しつつ、スローペースですすめていきます。ご関心のある方はぜひ、お気軽にご参加ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
日時|隔週水曜18:30〜20:00 *初回は5月9日を予定
場所|札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階 テラス計画
参加費|無料
 お申込|ご参加される方のお名前、ご連絡先をお伝えください。
メール|terracekeikaku@gmail.com
電 話|011-211-4366(担当:佐々木)
*テキストをお持ちでない方は、こちらでコピーをご用意します。お申し込み時にお伝えください。
《予定スケジュール》途中参加も歓迎します。
第1回:5月9日 第2回:5月23日 第3回:6月6日
第4回:6月20日 第5回:7月4日 第6回:7月18日

2018年5月2日水曜日

【まちのこそだて勉強会 vol.2 〜食べるからはじめる料理教室byチムチム】





●まちのこそだて研究所gurumiでは、自分たちで子育てのこと、未来のことを考える場をつくるため、働くお父さんやお母さんなどが集まる勉強会を実施します。
3月に開催した勉強会の意見交換の中で悩みが多かったものの1つが「食」に関すること。今回は札幌で日々のお弁当「チムチム弁当」をつくり出している中村正敬さんをお招きして、チムチム弁当の料理はどうやって作られたのか、おいしさのヒミツを勉強します。 身体をつくる基礎栄養、味覚の育て方、調味料の使い方、手数を減らすシンプル料理法などの料理の基本を知りたい方、将来子育てしながら働きたいと思っている方ももちろん大歓迎です。是非ともご参加下さい!



日 時|5月20日(日)11:00~13:00
参加費| 大人1人:1300円(お弁当つき)/定員15名程度
予 約|申込フォームからお申込みください。


詳細・予約はこちらから→http://machi-gurumi.com/event/180520/


テラス計画では他にも楽しいイベントをご用意してお待ちしております!

2018年5月1日火曜日

5月11日(金)きき酒花見 in テラス計画


ようやく暖かくなり、桜も咲き始めましたね。
そんな札幌の街中で、ゆるく集い活動している「テラス部」が春の訪れを味わおうと企画しました。

その名も、
「変態酒屋のきき酒花見 in テラス計画」


マニアックな日本酒が揃う小飼商店。その店主である小飼さんをお招きし、おすすめの日本酒を飲み比べ、きき酒を楽しむイベントです。

小飼商店のURLはこちら→http://blog.kogaisake.com

春の訪れの幸福感を皆で味わいましょう。
手作りのおつまみなど、日本酒に合う酒の肴をご用意してお待ちしております。
ぜひ、ご参加ください!



<開催概要>
日時|2018511日(金)18:30~20:00
場所|テラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目1赤れんがテラス5階)
参加費|1,000円(定員15名)
お申し込み|メールかお電話にて事前にお申し込みください

ご予約・お問い合わせ|
一般社団法人PROJECTA 黒岩 宛
TEL011-211-4366(テラス計画内)|MAILinfo@projecta.or.jp

5月6日(日)まで!「スキを分解する」展


現在、テラス計画で開催中の展覧会「スキを分解する」展は、Think School 1期生の卒業課題「テラス計画で1ヶ月開催する企画を考える」で優秀賞をとった企画です。

会期も残りわずかとなりましたが、皆様ぜひ、お越しください。



以下、詳細です。


好きはどこから生まれてくるのか?−芸術文化の入口を探るープロジェクト第1弾 
スキドコプロジェクトはアートマネジメント人材の育成を目的とした「Think School」2016年度の卒業課題で優秀賞を受賞しました。今回、Think School卒業生初の企画展としてプロジェクトが実現します。

「好きはどこから生まれてくるのか?」をテーマに、芸術文化における「好き」について、150名へのアンケート、12名へのインタビューの分析をビジュアル展示、さらにアーティスト 中島崇によるインスタレーションを展開します。ぜひご覧ください!


期間|2018年4月8日(日)~5月6日(日)11:00~20:00
主催|札幌駅前通まちづくり会社
共催|札幌駅前通まちづくり株式会社 | クライメイトPR
企画|山岸 奈津子(PRプランナー)
デザイン|COMMUNE
協力| Think School | 一般社団法人PROJECTA | 小さなメディア 齧る 

企画者/山岸奈津子(PRプランナー)

2013年からフリーランスのPRプランナーとして、数々の広報・PR案件を請け負う。2014年から札幌国際芸術祭の広報に関わり、アートへの「好き」の入口に興味を持つようになる。現在、札幌のコミュニティFM「ラジオカロスサッポロ」(FM78.1MHz)で毎週木曜日21:00からこのプロジェクトのラジオ番組「スキドコのラジオ」の番組ディレクター・パーソナリティも担当している。

ゲストアーティスト/中島崇(現代美術作家)

1972年東京生まれ。2001年ドイツ・ベルリン在住。現在東京在住。中島の作品は、その場に立ち会った人々の間で多角的に共有されるひとつの空間体験を通じて有機的な関係性を創出します。透過性の素材や十分な間隔を用いて外光を効果的に取り込んだ作品は、床や壁などに投下した光や素材の影を作り出すことで、作品の存在する空間と周辺に広がる環境を双方向的に結びつけています。中島のアプローチは作家自身の絵画的な想像力が隠されており、それは表面的な装飾ではなく没入的な体験として巧みに空間化されています。


2018年4月6日金曜日

4月8日(日)より、「好きを分解する展」を開催します!

好きはどこから生まれてくるのか?芸術文化の入口を探るープロジェクト第1弾 
スキドコプロジェクトはアートマネジメント人材の育成を目的とした「Think School2016年度の卒業課題で優秀賞を受賞しました。今回、Think School卒業生初の企画展としてプロジェクトが実現します。
「好きはどこから生まれてくるのか?」をテーマに、芸術文化における「好き」について、150名へのアンケート、12名へのインタビューの分析をビジュアル展示、さらにアーティスト 中島崇によるインスタレーションを展開します。ぜひご覧ください!

期間|201848日(日)~56日(日)11:0020:00
主催|札幌駅前通まちづくり会社
共催|札幌駅前通まちづくり株式会社 | クライメイトPR
企画|山岸 奈津子(PRプランナー)
デザイン|COMMUNE
協力| Think School | 一般社団法人PROJECTA | 小さなメディア 齧る 

企画者/山岸奈津子(PRプランナー)
2013年からフリーランスのPRプランナーとして、数々の広報・PR案件を請け負う。2014年から札幌国際芸術祭の広報に関わり、アートへの「好き」の入口に興味を持つようになる。現在、札幌のコミュニティFM「ラジオカロスサッポロ」(FM78.1MHz)で毎週木曜日21:00からこのプロジェクトのラジオ番組「スキドコのラジオ」の番組ディレクター・パーソナリティも担当している。

ゲストアーティスト/中島崇(現代美術作家)
1972年東京生まれ。2001年ドイツ・ベルリン在住。現在東京在住。中島の作品は、その場に立ち会った人々の間で多角的に共有されるひとつの空間体験を通じて有機的な関係性を創出します。透過性の素材や十分な間隔を用いて外光を効果的に取り込んだ作品は、床や壁などに投下した光や素材の影を作り出すことで、作品の存在する空間と周辺に広がる環境を双方向的に結びつけています。中島のアプローチは作家自身の絵画的な想像力が隠されており、それは表面的な装飾ではなく没入的な体験として巧みに空間化されています。